トップイメージ/フロアライト「Luna」

SINCE1987

Design -policy

Simple
Timeless
Functional
Usefull
Ecology
Emotional

代表者 略歴   デザイナー  内山昌彦

1984     千葉大学/工学部工業意匠学科卒業

1984~87  GKインダストリアルデザイン研究所勤務

1987        STEP DESIGN 設立

1992      渋谷LOFTにて初個展

受賞歴 :1995  DESIGN  FORUM'95入選

 TOYAMA-PRODUCT-DESIGN-COMPETITION'95入選

1998 TDW '98 "PROSPECT"賞 受賞

1998&99 GOOD DESIGN賞 受賞

 

Designer    Masahiko UCHIYAMA

1984       Graduated Chiba University Industrial

               Design Department.

1984-87  GK Industrial Design Laboratory

1987       Established STEP DESIGN

1992       Private exhibition at SEIBU LOFT  Tokyo

ABOUT

CONSULTING

      2015年よりSkypeを利用したデザイン・

      コンサルティング、サービスを始めました。

      お近くにデザイン専門家のいらっしゃらない企業様や社内にデザイン部がない企業様等で外部デザイナーの意見を聞いてみたいとお考えの企業様にリーズナブルでスピーディなサービスをご提供いたします。是非、お気軽にご相談下さい。

詳細は下記、ご案内ページボタンをクリック下さい。


オンライン・デザイン・コンサルティングのご案内

SERVICE

INTERFACE

      ユーザーアクセシビリティを重視

      した考えはプロダクトデザインに

      おけるインターフェイス・デザイン

において重要なことです。製品の使い勝手や操作性を考慮できるプロダクトデザイナーだからこそグラフックデザイナーにはできないロジカルな思考に基づくインターフェィスには実績があります。

TOTAL

PRODUCT

DESIGN

      昨今、ブランディングという言葉をよく耳にし

      ますそれには、その中核をなすP I(プロダクト・

      アイデンティティ)とV I(ビュジュアル・アイデンティティ)の整合性が重要となります。トータル・プロダクト・デザインの意味するところは単に商品デザインに止まらず関連するパンフレット、カタログ、パッケージ等をトータルにサポートするサービスを従来より提供しております。

WORK
FAQ
  •   FAQ-01    料金算出の目安はどのように算出するのですか?

    料金算出の目安はデザイン契約の種類により異なります。

    デザイン契約の種類の詳細はFAQ-02をご参照下さい。

    ここでは代表的契約であるデザイン売り切り型契約の場合の算出方法をご説明します。

    デザイン売り切り型契約の場合、基本的に下記のような要因を考慮して算出します。

     

    ・ 作業内容の難易度

    ・ 実働作業時間

    ・ 生産ロット

    ・ 販売価格

    ・ 予定販売期間

    ・ 開発アイテムの社会的インパクト 等

     

    ですが最も大きな要因は作業内容の難易度と実働作業時間になります。

    作業内容の難易度合及び作業プロセスにより2,000円/時間~10,000円/時間に実働作業時間を

    掛けたものを目安にしてます。

    これら以外に交通費、モデル製作費(外注管理費20%)等は別途となります。

     

    詳細はお問い合わせ下さい。

  •   FAQ-02    デザイン契約の種類と特徴には何がありますか?

    代表的デザイン契約には下記のものが上げられます。

     

    1/デザインコンサルタント契約

       製品デザインアドバイスが主業務になります。具体的なアイテムのデザイン作業は別途費用となります。

     

    2/デザイン売り切り型契約

       製品デザイン全般の最も一般的契約方法。採用されたものについてクライアント側に工業所有権を

         譲渡する方法。

     

    3/デザインロイヤリティ契約

       製品販売実績に応じてロイヤリティの形でデザインフィーをお支払いいただく方法。

       万一、デザインしたものが製造されなかった場合でも最低作業保証という形のイニシャルフィー プラス

         ロイヤリティが基本ですがロイヤリティのみの契約も条件により可能です。

       ロイヤリティ率につきましては業界毎の慣習、アイテム、クライアント様の事情等により異なりますが、

       一般的には商品原価の最低3%~以上や商品上代の数%、売上げの数% 等さまざまです。

     

    4/年間デザイン契約

       開発アイテム数に関係なく一定額で契約するもの。デザイン開発アイテムが多い場合にはこの契約の方が

       売り切り型契約よりも割安になります。

  •   FAQ-03    ステップデザインの特長はなんですか?

    当スタジオの特長は商品開発企画&プランニングから対応できるところです。

    一般的な製品デザインはもちろんですが企画段階からの対応が可能です。

     

    企画の早い段階からプロジェクトメンバーのコンセンサスを固める為にコンセプトイメージのビジュアル化作業が

    大変重要と捉えています。

    また興味あるプロジェクトの場合は競合コンペ方式によるデザイン発注先選定にも対応致します。

    特にデザインをこれからの商品戦略の重要戦略とお考えのメーカー様の力になりたいと考えています。

     

    デザインは単に使い易く機能的なだけではなく、それ自体が生活をより楽しく演出してくれるもので

    あるべきだと考えています。一時的なトレンドに迎合することなく、ロングライフな商品となるようなデザイン

    ポリシーで取り組んでいます。

  •   FAQ-04    一般的なデザイン作業プロセスはどのような手順ですか?

    ここでは製品デザインプロセスの典型例の概略をご紹介します。

     

    1.スタディ&リサーチ/依頼アイテムの業界動向、競合他社製品チェック、現状把握、操作方法、製品使用時の

     動作観察 等。場合によっては外部調査会社と連係してリサーチ等を実施することもありますが、昨今の開発

     スピードの早い状況におきましては、じっくり時間を掛けたリサーチをするケースは少なくなってきていると

     言えます。

     

    2.課題、問題点の抽出及び整理/課題、問題点につきましてクライアントと共通認識を持つことが重要と考えます。

     

    3.プロダクト・イメージ構想/前プロセスから洗い出された課題をどう解決していくか考えられ得る可能性を

     展開していきます。

     

    4.デザイング/開発の方向性が決定後、アイデアスケッチ、カラーリング、モデリング等を活用し

     具体的製品デザインを検討していきます。

     

    5.デザインフォロー/デザイン決定後、量産に至るまでに発生するさまざまな修正事項やサンプルチェック等を

     行います。

     

     注意)ご依頼内容により必ずしもこのプロセスを取らないケースも多々あります。

        状況によっては作業途中であってもプロセス自体を再検討することも、あり得ます。

     

TOPICS

サービス

イベント

メディア

 

2015年12月04日

 

■当HPの大幅リニューアルしました。
 スマホにも対応しておりますのでお好きなデバイスでご覧いただけます。

 

 一部iPadのような高解像度機器の場合、タブレットでもPC用サイトが表示されてしまう

 場合があります。見づらい場合にはこちらのスマホ用サイトをご覧ん下さい。

 

 

■Skypeを活用したオンライン・デザイン・コンサルティング、サービスを開始しました。
 詳細はこちらの専用ご案内ページをお読み下さい。

 

 

2014年1月

 

第2回「東京デザイン照明展」に出展しました。

 

 

 

作品が掲載された出版物リスト

2000~2009

GINZA、VISIO MONO、ELLE DECO

ABITARE、Chair exhibition、TOKYO calender

casa BRUTUS、be Sure、Wall paper

ELLE JAPON、BRUTUS

For living chair dictionary 2004、Modern living

Design table、NIKKEI DESIGN

プロダクトデザイン年間2008&2009

mono magazine

 

2010~

Designer's File 2011&2013   

 

CONTACT

03-6874-0858

〒153-0063 東京都目黒区目黒3-1-7

日生目黒マンション808

toiawase@stepdesign.jp

Copyright(C)  2015  STEP DESIGN . All Rights Reserved.